21POS16 | Laser Attacks on Aircraft

2017年に発行されたPosition Paper「17POS04」の内容が更新されましたので、ご確認ください。

航空機に対するレーザー攻撃は操縦士だけでなく、航空機の安全を脅かす非常に危険な行為でありながら、一向に減る気配がありません。多くの国では法律がない為、行為者を捕まえた場合でも処罰されることは稀です。IFALPAはレーザー攻撃の危険性を広く周知し、取り締まりの徹底、法律の整備、不法妨害行為ならびに重大インシデントとして調査されることを改めて求めています。