21POS12 | Positive Safety Culture

※2014年に発行されたPosition Paper「14AAPBL01」の内容が更新されました。


公平な安全調査に加え、非懲罰性の報告制度とデータ収集システムを含む、本来あるべきPositive Safety Cultureは、Safety Management Systemに必要不可欠な要素です。
なぜなら、これは、エラーやミス、何気ない行動等が報告された際、安全性向上のためだけに使用されるという考え方を重視し、エアラインにとっての新たなHazardを見つけ出し、管理していく鍵となるからです。