22SAB08 | GNSS Outage Leading to Navigation/Surveillance Degradation

衛星通信の不調による航法/監視機能低下の懸念                                                        EASA(欧州航空安全機関)は、ロシアによるウクライナ侵攻に伴って衛星電波の障害が発生していることについて安全文書を発行しました。それによると、以下の4箇所で衛星通信の「電波妨害」や「なりすまし」の可能性があるということです。                                                 ・カリニングラード周辺のバルト海及び近隣諸国                                               ・フィンランド東部                                                       ・黒海地域                                                                                           ・東地中海一帯(キプロス、トルコ、レバノン、シリア、イスラエル、及びイラク北部)                                                                                                                                                                                                                                                      

関連文書:IFALPA Safety Bulletin 22SAB06「航空機運航における衛星電波障害」