DGWT41-02 | 粉末の機内持ち込み禁止について

2018年6月30日より米国運輸保安局(TSA)、オーストラリア総務省は一部の粉状の物質の機内持ち込みを制限する措置を始めました。これは一部の粉末がテロに使用される可能性を防止するためです。

禁止の対象となるのは、350ml(12oz)を超える粉状の物質で、塩、砂糖、粉コーヒー、スパイス、化粧品などがこれに当たります。ただし、セキュリティを通過した医薬品、乳児用粉ミルク、遺灰は対象外となります。粉状物質の免税品については密閉式ビニール袋に入っており、開封されていない場合に限り対象外となります。

この措置の対象となるのは米国行きの航空機、及びオーストラリアの航空機です。受託手荷物として預け入れることは従来通り可能です。

詳細はこちら☟(米国運輸保安局のサイト)

https://www.tsa.gov/travel/security-screening/whatcanibring/all