ALPA Japan/日乗連 は、日本国内の航空会社11社のパイロットによって構成される団体です。
Document List

ADO Topics

ADOT 39-08 | 炭素繊維、ゆくゆくは半値に 生産コスト減へ技術革新

鉄の10倍の強度がありながら重さは4分の1と軽いのが炭素繊維だ。 航空機の機体などに採用されているが、実は日本のメーカー3社で世界市場シェアの7割を占める。生産コストの高さが普及の壁だったが、今年に入り生産コストの大幅低 …

ADOT 39-07 | FAAが小型UASの規則を策定

連邦航空局(FAA)は、21日、商用の小型無人航空機システム(UAS)に関する初めての規則を策定し、国家航空システムにUASを完全に組み込むための道筋を切り開いた。 Anthony Foxx運輸長官は、「無人航空機(UA …

ADOT 39-06 | FAAが操縦室内のビジョンシステムに対するクレジットを検討

この夏、連邦航空局(FAA)は、オクラホマシティーにおいて、航空会社の乗員の参加の下に、ボーイング737-800型機の模擬飛行装置を使用して、操縦室内に設置した視覚支援装置が、標準よりも視程の悪い状況下での離陸のために必 …

ADOT 39-05 | 高高度での「異常姿勢からの回復」でアイスクリスタルに再び関心

2013年10月20日、速度計の表示が信頼できなかったために、ニューアーク発ダブリン行きのユナイテッド航空のボーイング757-200型機が急降下を行う重大インシデントが、発生した。この重大インシデントでは、副操縦士が失速 …

ADOT 39-04 | EASAがドローンと航空機との衝突リスク調査タスクフォースを立ち上げ

欧州委員会は「EU航空産業の競争力強化のための戦略」 (COM (2015) 598 final)の中で無人航空機(UAVs)を規制する新しい共通規則の設定を提案した。そして欧州委員会はドローンの使用に関する規則を策定す …

ADOT 39-03 | BA航空機と無人航空機 (UAV)がLHRで衝突したと疑われる事案による影響

ドローンとして一般的に知られている無人航空機 (UAV)の、商業目的あるいは娯楽用の使用が広まっている。しかし、使用が広まるにつれ、空域安全に関する懸念も発生している。この数年間、欧州委員会、欧州議会および欧州連合理事会 …

ADOT 39-02 | GE製エンジン搭載のボーイング787、米当局が改修命令

http://www.afpbb.com/articles/-/3085086 米連邦航空局(FAA)は22日、ボーイング(Boeing)の旅客機「787ドリームライナー(787 Dreamliner)」の一部に搭載され …

ADOT 39-01 | 高高度のアイスクリスタルの脅威に対応するためのカナダ製センサー

厳しい気候及び航空への依存度の高さにより、カナダは着氷に関する研究の中心となった。National Research Council of Canada(NRC)による氷の粒子を検知する2つのテクノロジーは、間もなく開発 …

« 1 2

サイト内検索

PAGETOP
Copyright © Airline Pilots' Association of Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.