ALPA Japan/日乗連 は、日本国内の航空会社11社のパイロットによって構成される団体です。

AGE 委員会

AGE(Aerodrome and Ground Environment)委員会

役割

AGE委員会の役割は、各空港、ICAO、IFALPAとの良好な関係を保持し、それぞれの空港がICAO Annex 14に準拠できる様に協力すると同時に、ICAO Annex 14、Standard and Recommended Practices(SARPs)の更なる改善に取り組んでいます。

課題

ICAO Annex 14に反映させるPolicy案を作成するにあたり、IFALPA Annex 14をIFALPA内に設けています。それを具現化するうえで、我々の大きな課題は以下の通りです。

  1. ICAOやICAO関連組織に対して、ICAO Annex 14を適切に実行し、それぞれの空港の現状に即した取り組みを促すこと
  2. IFALPAメンバーに、当該空港の現状と、求められる最低限の状況との違いを認識させること

その他

多くの国々がICAOに対して相違通告を行っていることから分かる通り、我々のタイムリーな取り組みが必要とされています。VDGS(Visual Docking Guidance System)やEMAS(Engineered Material Arresting System)、RWSL(Runway Status Light)等に代表されるように、技術が日々進歩している中、我々も共に協調し、安全運航を目指して取り組んでいかなければなりません。仮に不適切な状態が存在している場合には、メンバーにその注意喚起も行っていきます。

空港アンケート

参考資料

2017年3月に国土交通省航空局から発表された、滑走路端安全区域(RESA)の概要及び対策に関する報道発表資料です。

☞ ここをクリック!

日程

会員ページ内カレンダーを参照下さい。

 

TEL 03-5705-2770 〒144-0043 東京都大田区羽田5-11-4 フェニックスビル

サイト内検索

AGE委員会 最新情報

PAGETOP
Copyright © Airline Pilots' Association of Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.